CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
温度差(ヘリ墜落事故その後思った)
ヘリ墜落現場で、米兵に食ってかかっているおじさん達がいました。
抗議団体の人らしいです。
はっきり言って、馬鹿に見えました。
周囲から浮いてる感じ。

民主党の牛歩戦術実らず(当たり前か)年金法案が成立したとき、
ワイドショーのコメンテイターのおばさんが
「民主党の議員も、イタリアの議員みたいに、
国会議事堂の前に立って、演説のひとつもぶったほうが
ずっと効果があったのに」みたいなことを言っていました。
ほんとにそうかな。
イタリアは、イラク戦争の時、自国の派兵を巡って
大規模なデモが起こるような国だよ。
そりゃ、演説も受け入れてもらえるだろうさ。
で、民主党の議員が、演説ぶっこいて、そうだそうだと
シュプレヒコールが起こると思います?
行き交う人々の、シレーっとした視線が
待ってるだけだと思いましたよ。
ますますアホ扱いされるの必至ですよ。

事故現場でエキサイトするおじさんたちをテレビ越しに見て、
その時のことを思い出していました。
あのおじさんたちが馬鹿に見えるようじゃ、
何も変わらないですよ。
馬鹿に見えないように、周囲が一緒にエキサイトしないと
いけなかったんだと思います。
一緒にエキサイトできますか?
私はできません。
だって、普天間基地移設であんなにもめても、
結局選挙では、基地オッケーの判断を下しちゃう。
エキサイトしてみたところで、最後の最後に、
県民の総意に裏切られるんじゃ、やってらんない。
こんな感じで、
おじさん達の熱さとは裏腹に、若い世代は、なまぬるいです。
自分の日々の生活のほうが、ずっと大事。
生活に余裕が出たら、基地だ戦争だ憲法だ、とやってみてもいい。
その温度差は、米兵にも、日本政府にも、よく伝わっていると思います。
まあ、なんて扱いやすいんだろう。
事故を見に集まっても、非日常を目一杯楽しんでるようにしか
見えませんでしたよ。
一緒にするな!と怒りに燃えたあなた。
明日あたり、おじさんたちと一緒に、
沖縄国際大学の前に来て、シュプレヒコール上げてみませんか。


※補足
すみません、別におじさん達の抗議を実際に見たわけではないです。
テレビで見たものに対して、思ったことを書いています。
だから、周囲の人も一緒になってがんばったぞ!という場合は
どうもすみません。
| うちは基地のご近所さん | 04:02 | comments(0) | trackbacks(4) |
米軍ヘリ墜落で
明日から、鬼の首とったように大騒ぎでしょう。
ただそんなんでは、少女強姦事件のときと同じように、
大きな変化は見込めない。
普天間移設決定がその成果っていう人もいるだろうけど、
今、まだ目の前にこうしてあるわけだし。
大学の前に集まっていた野次馬の中で、
目の前で起こっていることに対して、
真剣に怒っている人がどれだけいただろうか。
思い出したように怒ってみせても、
本心がどうでもよかったら、そんな怒りはすぐに消える。
石原昌家先生、あなたの学生たちは、
携帯で米兵の様子をカメラに撮って、
「今メールしたからー。すごいよー。まじでー。」と
お友達に自慢していました。
私も、今こうしてブログのネタにしています。
不肖の学生をお許し下さい。
| うちは基地のご近所さん | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
米軍ヘリ墜落続報2
地元のニュースでやってたということで、
知り合いが、家族で向かっているそうです。
単に、野次馬をしに。
そんなもんです。

いままで、基地内で墜落というニュースは結構あったけど、
基地外で墜落というのは、かなり久々に思います。
現場の大学に私が通っている時にも、真上を飛び交うヘリに
ちょっとした恐怖感を味わうこともあったけど
(墜落するとかじゃなくて、サーチライトで真下を照らして飛ぶので
それがどうにも、自分が犯罪者になって追われているような気になるんです)
まさか落ちるとは思ってなかった。
周辺で野次馬してたおばちゃんの雑談を聞いていると、
「いつか落ちると思ってたー」みたいな話をしてるけど、
わたしにはちょっとピンとこない。
漠然とそう思っていることと、ほんとに危機感を持っていることの
溝ってものすごく深くて、
ほんとに危機感を持ってた人は、たぶんそんな事いちいち言わないでしょう。
で、わたしはいつか落ちるなんて、ぜーんぜん思ってませんでした。
なんたって、こうしてブログのネタにしてるぐらいだし。
| うちは基地のご近所さん | 15:41 | - | - |
米軍ヘリ墜落続報
今野次馬やって帰ってきました。野次馬も楽じゃない。あちー。
沖縄国際大学は授業(夏休みの集中講義)を中断、学生と職員は全員待避。
表通りは交通規制しているので、裏通りから抜けて帰る車で
大学周辺はちょっと混乱しています。
大学付近は交通規制、ちょうどその範囲に路駐していた学生は
車を出したいので、ちょっと入れてくれないか、と
米兵に交渉していたけど、ことごとく断られていました。
大学の中へは、最初は人の立ち入りもある程度はできたものの、
ヘリが爆発する可能性がまだあるとして、全員閉め出されています。
周囲には私のような野次馬がわらわらと、普段静かなこの住宅街に
こんなに人がいたのかと思うほど。
みんな単なる野次馬で、本気で知り合いがケガしていないか
心配している人は見かけませんでした。
消防隊からは、ヘリの破片で怪我をした人は申し出るようにと
現場の消防車からアナウンスしてたけど、あんなんで
みんなに行き渡るのだろうか。
米兵はさすがにピリピリしていて、取材の記者や
もぐりのカメラマンのような人が、規制している中に立ち入ろうとすると
大声をあげて追い出しています。けど取材の人も負けてない。
隙を見て、中に入って写真撮ろうとしている人が結構いました。

現場から徒歩5分ほどの場所にあるこのアパートでは、
何もなかったかのように、ちょっと静かになってきているけど、
それでもまだ風に乗って黒煙の匂いが時々入ってきます。
あと米軍の救急車両のサイレンの音が時々聞こえる。

ヘリは、いつものコースを着陸寸前になって、ちょっとはずれて
小さく旋回していました。
ああ今晩のニュース23あたりで、筑紫哲也がそれみたことかと
眉間に皺寄せて喋る姿が目に浮かぶ。
| うちは基地のご近所さん | 15:29 | comments(3) | trackbacks(0) |
米軍ヘリ墜落(普天間基地)
14時20分頃、普天間基地の米軍ヘリが墜落しました。
場所は、基地のすぐ近くにある沖縄国際大学の敷地内とみられます。
ゆっくりと落ちて行くのが、私の部屋の窓からまざまざと見えました。
大学内にいる知り合いと電話したところ、本館の付近に墜落したようです。
野次馬や避難する人の車でごったがえしているのか、
付近では警察の「車両移動するように」との警告が叫ばれている。
さっきまで上がっていた黒煙は一応鎮火したようで、
周辺住民へ避難するようアナウンスされていましたが、
その必要はもうないでしょう。
とりあえず、見てこようかな。
| うちは基地のご近所さん | 14:40 | comments(4) | trackbacks(7) |
希望ヶ丘公園はどうなる?
山形屋が閉店して、土産物屋が増え、だんだん行かなくなった国際通り。
たまに行くときには買い物する店が決まっているので、駐車場に車を止めてからいつも同じ道のりを歩くことになる。
その途中に、国際ショッピングセンターの跡地を右手に通り過ぎる。気が付いた時には既に更地だった。今は囲いができて何か作っている。思い入れはあまりない。さびれたまま放置されていた期間があまりに長かったので、いずれ無くなることをもうずっと意識していたからだろう。
でも、その向こうの希望ヶ丘公園になると、話は別になる。

綺麗さと汚さが同居した公園だった。緑が深く、国際通りのすぐ傍にあるとは思えないほど落ち着いていたので、映画館に行くカップルが待ち合わせをしているかと思えば、桜坂から流れてくる酔っ払いや浮浪者が必ずどこかに陣取っていた。
高低差がずいぶんあるので高台からは那覇市内が一望できるし、いちばん低い辺りまで降りると、よく茂った緑のおかげで日陰のつづく涼しい散歩道がある。
平地にできた公園だと何もかもが剥き出しになってしまって、だれもこっそり過ごすことができない。ブランコで遊ぶ親子連れと、ベンチで寝そべる浮浪者が同じ風を受けながら知らんぷりをしている中に一人で身を置く気にはなれない。新都心にはいくつもそういう公園があるけれど、人を受け入れない公園だな、と思う。高いところ、中間のところ、低いところ、と住み分けが効く希望ヶ丘公園には、必ず、どこかには居場所があった。

そこにいる浮浪者たちは怖くはなかった。
夜に筵を敷いて酒盛りしている彼等に酒をごちそうになった。「ねーねーだちも、どおねぇ。」気を遣って、泡盛を注ぐのにわざわざ紙コップを用意してくれる。彼氏とノリで参加した。もう十年以上前の話。

公園の地下に大規模な駐車場を作るため壊すとか壊さないとか。いつ着工するとか、しないとか。希望ヶ丘公園の姿がたとえば見通しのいい明るい公園になったからといって、国際通りの雑多さは変わらないだろう。ただ人目をはばからずぼおっとできる場所が消えるだけだ。
デパートの階段の踊り場にあるベンチがひとつ、取り払われるだけだ。
ひと休みする場所に金を払えない人間は、町に来るなということかな。
| LEFT/沖縄視点 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 3/6PAGES | >>