CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< まず、はじめに(1)〜 沖縄へ | main | 首なし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガソリン千円分
ガソリン残量がかなり厳しい。
これから買い物に寄らなければならないと財布を確認すると、スタンドには寄れなさそうな金密度だ。
スタンドで「500円分お願い」と言ってみるのはどうかと考えた。千円分、というのは沖縄ではよくある注文の仕方だ。500円でも、まああんまり言わないだろうが、アリだろう。私も過去に一度だけ経験がある。

そう思いながら車を走らせているうちに、アパートに着いてしまった。給油ランプは時折点灯するが、ずっと点いたままではないので、なんとかなるや、明日にしちゃえ。

ガソリンといえば、本土では「満タン」が当たり前で、「スタンドの従業員に何かを伝えるのだとしたら、レギュラーかハイオクかを言うぐらいだ」と親戚に聞いて驚いたことがある。「満タンお願い」という言葉は、ガソリンスタンド同士の値下げ合戦中、ぎりぎりまで安くなった時ぐらいしか口にしない(あ、当たり前だったら口にすることもないのか)。大概、千円か二千円でしか注文しない。

沖縄はガソリンスタンドが多い。もう、国道沿いに、まだあるか、と思うぐらいに立っている。満タンにしておかなくても、別に不安はない。出先でガソリンがなくなれば、その近くで適当に入れればいい。

その考えに、上記の親戚に待ったを入れられたことがある。「ちょびっとずつの補給」でも何とかなるのはわかるが、出先でスタンドを見つけるのには多少なりとも余分に車を走らせるはずだ、それは無駄じゃないのか、と。どうせ払うのなら、最初から満タンにしておいたほうが効率的だ、とのこと。

もっともだと思う。出先に必ずしもタイミング良くスタンドがあるとは限らない。見つけても自分が会員になっていないスタンドだと、安く入れることはできない。対向車線に見つけたらUターンすることになるし、何よりその都度、ほんの数分でも時間を割かれることになる。もっともだとは思ったが、困ったことにちょっと反論したくなった。

まず、甚だせこい話だが、車は軽いほうが燃費がいい。F1レースを見ても、残り回周が少ないときは燃料はちょびっとしか補給しない。ピットストップを短くしたい意図もあるが、軽い方が断然早く走れる、という狙いが大きい。

リッターあたりの値段が、よく変わるのも理由の一つだ。今日リッター当たり103円のガソリンが、明日には値下げして99円になっているかもしれない。週末にスタンド同士の値下げ合戦が始まったら、50円にまで値下がりすることもあるのだ。103円で満タンにしてしまったら、来週激しく後悔することになる。

また、スタンドに行けば大体、窓を拭いてくれる。無精者の私としては、出来るだけ自分で拭きたくない。こまめに行けばそれだけ窓を綺麗に保てるのだ。

書いていて段々悲しくなってきた。結局、いつ安くなるともわからないのだから満タンのほうがいいのかもしれない、と思いつつ、明日きっとレギュラー千円分、と当たり前のように注文するのだ。
4/21
alpiniaさんのサイトに、面白い記事がありました。
ガソリンよもやま話
| LEFT/沖縄視点 | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - |
コメント
コメントありがとうございました。
私も値段を言って給油します。だいたい2000円。
細かいお釣が出来るのが面倒なのが理由です。
| joyride | 2004/04/21 7:43 PM |
来ていただいて、ありがとうございます。
二千円ですか・・最近入れてないなあ。
値下げ合戦が恋しい今日この頃です。
| こうもり | 2004/04/21 8:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koumori.jugem.cc/trackback/2
トラックバック