CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 飛行機の音は耳を澄まして聞くとよい | main | 声が小さいということは >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まず、はじめに(4)反戦教育にどっぷり漬かった小学校時代
沖縄が日本に復帰した年(1972年)に生まれた子供のことを、この土地では長いこと「復帰っ子」と呼んでいました。そう呼ばれることに何故か私は誇らしい気持ちを抱いていました。単なる偶然にしろ、特別な称号を与えられたような気でいたのでしょう。それぐらいわたしは、沖縄の学校教育というものにどっぷり漬かって育ちました。

沖縄では、反戦教育というものがとても盛んです。私が子供の頃、毎年6月23日の「*慰霊の日」が近付くと、反戦教育の一つとして「1フィートフィルム」というものを見せられました。そこには米軍が、沖縄での地上戦の様子をフィルムに収めた映像がありました。
ほとんど着のみ着のまま家を追われ、やがては壕すら日本兵に乗っ取られ、幼い子供を連れて逃げまどう母親の姿、米軍に包囲されて死を覚悟で壕から出て来た人々、そういった一般人の様子を沢山とらえていました。

そこからわたしは「沖縄の地上戦においては、敵はアメリカ兵ではなく、むしろ日本兵だった」というメッセージを受け、衝撃を受けました。今にして思えば、あれは米軍が作ったフィルムなのですから、自分達に都合よく作っていただけだったのかもしれませんが、小学生の私にそんなことは知り様がありません。
実際に、アメリカ兵よりむしろ日本兵のほうがずっと怖かった、と言うお年寄りの話を聞いたことがあります。フィルムはどうあれ、日本兵の存在が沖縄の人をより一層窮地に追い込んだのは事実です。

教室でこのフィルムを見たあと、わたしは他の生徒たちが「怖い」とか「酷い」と言い合う中に入れないでいました。参加したところで「お前は違うだろう、あっちの仲間だろう」と言われる気がして恐ろしかったのです。そう言われないためには、自分から積極的に「本土の人間は、なんて酷いことをしてきたんだ!」と言わなければならないと思い、やがてそれを実践するようになります。
そういう経験を繰り返していくうち(沖縄の小学校では、年に何度もそういった特別なカリキュラムを組みましたし、また社会の授業でも、沖縄戦に重点を置いていました)、わたしはいつからか「本土=悪」「沖縄=善」という図式を頭の中で定着させていました。それがきっと、沖縄の子供達と交わる上で、わたし自身を守るための最善の方法だったのでしょう。


*慰霊の日・・・
1945年6月23日、当時の沖縄での最高司令官だった牛島中将が自決した日。この日で沖縄戦は集結したと言われているが、私は小学校の先生に「実際の戦闘活動は9月まで続いた」と教えられている。
| まず、はじめに | 18:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:01 | - | - |
コメント
外国のことばかりが話題になりやすい今日このごろですが、日本と一口に言ってもいろいろあるものですね。
| ふらんす | 2004/04/23 6:50 PM |
沖縄の反戦教育は、絶対で唯一のもの。
そうやって育ってきました。

こうもりさんの今日の記事を読んで、
少なからずショックを受けました。

物事にはあらゆる側面があるのですね。
視点を変えて見ることは、なかなか難しい。
すごく勉強になりました。


ps リンクありがとうございます。
| alpinia | 2004/04/23 11:02 PM |
ふらんすさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですね、いろいろありますね。
例えばわたしの母は、沖縄に来るまで沖縄のことを(ほんとに、なんにも)知らなかったといいます。戦争のことも、戦後の基地のことも。それは子供の私には罪悪にさえ思えました。アメリカ人が何も知らずに広島や長崎を訪れるようなものです。
母とおなじように、私も日本の他の地域のことをまだまだ知らないわけですが、それでも恐らく罪悪とまでは思われません。そこに沖縄の特殊性があるのだと思います。
ふらんすさんは、サイトを拝見するとフランスにお住まいなんですね。自分にも他人にも厳しい国というイメージです。ジャン・ルノワールの映画が大好きなのですが・・
| こうもり | 2004/04/24 2:13 AM |
alpiniaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
沖縄の反戦教育は、良い悪いは別として、あれぐらいの勢いを必要としていたのだと思います。沖教祖が随分国と闘っていた記憶がありますから、そのパワーがそのまま教育の現場に反映していたのかもしれない。そんなに悪いこととも捉えていません。
何より授業が休みになったし。勉強せずにテレビだけ見てればいい状況を「ラッキー♪」と思っていた自分もちゃんといたのです。
わたしの小学校時代は一度きりで(当たり前か)その経験しかないので、他にどんな教育を受ける可能性があったかどうかはわかりません。いつの時代にもどんな場所にも、子供を傷つける機会は必ずあるし、それを避けて通ることはできません。これは仕方がないことです。
私の場合は自分で自分を追いつめていた面が少なからずあり、同じ状況下に置かれても、傷つかない子供もいるはずです。
今日はすげー真面目に書いてるな、わたし。
| こうもり | 2004/04/24 2:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koumori.jugem.cc/trackback/10
トラックバック