CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
希望ヶ丘公園はどうなる?
山形屋が閉店して、土産物屋が増え、だんだん行かなくなった国際通り。
たまに行くときには買い物する店が決まっているので、駐車場に車を止めてからいつも同じ道のりを歩くことになる。
その途中に、国際ショッピングセンターの跡地を右手に通り過ぎる。気が付いた時には既に更地だった。今は囲いができて何か作っている。思い入れはあまりない。さびれたまま放置されていた期間があまりに長かったので、いずれ無くなることをもうずっと意識していたからだろう。
でも、その向こうの希望ヶ丘公園になると、話は別になる。

綺麗さと汚さが同居した公園だった。緑が深く、国際通りのすぐ傍にあるとは思えないほど落ち着いていたので、映画館に行くカップルが待ち合わせをしているかと思えば、桜坂から流れてくる酔っ払いや浮浪者が必ずどこかに陣取っていた。
高低差がずいぶんあるので高台からは那覇市内が一望できるし、いちばん低い辺りまで降りると、よく茂った緑のおかげで日陰のつづく涼しい散歩道がある。
平地にできた公園だと何もかもが剥き出しになってしまって、だれもこっそり過ごすことができない。ブランコで遊ぶ親子連れと、ベンチで寝そべる浮浪者が同じ風を受けながら知らんぷりをしている中に一人で身を置く気にはなれない。新都心にはいくつもそういう公園があるけれど、人を受け入れない公園だな、と思う。高いところ、中間のところ、低いところ、と住み分けが効く希望ヶ丘公園には、必ず、どこかには居場所があった。

そこにいる浮浪者たちは怖くはなかった。
夜に筵を敷いて酒盛りしている彼等に酒をごちそうになった。「ねーねーだちも、どおねぇ。」気を遣って、泡盛を注ぐのにわざわざ紙コップを用意してくれる。彼氏とノリで参加した。もう十年以上前の話。

公園の地下に大規模な駐車場を作るため壊すとか壊さないとか。いつ着工するとか、しないとか。希望ヶ丘公園の姿がたとえば見通しのいい明るい公園になったからといって、国際通りの雑多さは変わらないだろう。ただ人目をはばからずぼおっとできる場所が消えるだけだ。
デパートの階段の踊り場にあるベンチがひとつ、取り払われるだけだ。
ひと休みする場所に金を払えない人間は、町に来るなということかな。
| LEFT/沖縄視点 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
君の瞳に恋してる
 洗濯をしていて、ふと、BOYS TOWN GANGの「君の瞳に恋してる」が頭をよぎった。そういえばこの曲、夜中にいつも流れていたなあ。
 極東放送がなくなってFM沖縄が開設されたばかりの頃、夜中にまだ放送プログラムが組まれていなかったのか、三時四時以降は延々この曲が流れてた気がする。というのは私の記憶違いかな。
 子供心に「素敵な曲だなあ」と、姉が誕生日のプレゼントに父から買って貰ったSONYのラジカセ(それも電波堂で!)のスピーカーに耳をそばだてる。夜中だから大きな音もたてられない。こっそりチューニングのつまみを回して、怪し気な他国後飛び交う夜中の電波をいくつかさまよって、この曲にたどりつく。やっぱり今日も流れてる!毎日同じ曲を流すって、変じゃない?毎日同じリクエストをする人がいるんだろうか・・・などと考えながら、真っ暗な中で、いつか違う曲が流れて来るに違いないと待っていた。いつも睡魔に負けて、それは叶わなかったけれど。
 だから「君の瞳に恋してる」って、真っ暗な部屋でこっそり聴いた記憶しかないんだけど、もう20年以上経つのね。嫌になるなあ。
| LEFT/沖縄視点 | 00:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
紫外線 vs 熱波
5月です。一年のうちにもっとも紫外線が強い季節、と言われますね。
冬場ドラッグストアの陳列棚から姿を消していた日焼け止めが、ババーンと数十種類並ぶようになって、ドキドキしている、こうもりです。

思えば子供の頃、なんと無謀なことをしてきたことか。
小学校の朝の全体朝礼ではのぼせて鼻血を出す、めまいがする。運動会では陽にあてられて、その晩は体がかっかして寝られない。ひどいときは運動会の練習でやられてしまって、肝心の本番には熱発して出られないこともありました。今思うと、あんなちっこい帽子で太陽光が防げるわけがない。

わたしは本土に行っても「白い」と言われるのですが、それが仇になるようでやっぱり紫外線が体にこたえる。ダイレクトに太陽の攻撃を受けてしまって、数分素肌を曝しただけで、肌に光線が突き刺さるのを感じます。虫眼鏡で集めた光を照射されているような感じです。

だから、気候としては、ぜったい本土のほうが合ってるんだ!と思っていたんですが、その確信は京都の夏に覆されました。
いや、死ぬかと思った。

京都の真夏、さすが盆地です。ムォワワワ〜っとした熱風、熱波がむき出しの肌に当たる。アスファルトに跳ね返った熱そのものが、サンダルの足にあたってそれこそヤケドしそうな熱さ(いや、まじで)。イスラムの人みたいに、布で体を覆っているほうがはるかに楽に感じました。
そんな熱さをやりすごそうと、喫茶店に入るとこれがまたおそろしくクーラーが効いている*。ものの数分で寒くなる。周りがノースリーブいっちょうの格好でおいしそうにフラッペ食べてるのをよそに、わたしはひとりガチガチ震えながらホットコーヒー飲んでいました。
そして表に出ると、また熱波地獄。店に入って冷房地獄。その繰り返しで神経がやられてしばらくフラッフラでした。
ああ、早く沖縄に帰りたい・・・沖縄のほうがなんぼ涼しいかわからん・・・心からそう思った京都の夏でした。

そして帰ったら帰ったで、また紫外線との闘いが始まるわけです。恐ろしや。


*沖縄では、そこまでクーラーを効かさないんですね。デパートでも、ちょっと暑く感じるぐらいで外よりは涼しい、そんな感じのところが多い。化粧直しにパウダールームに入っても汗が出て化粧直しの意味がないようなところもあります。
| LEFT/沖縄視点 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガソリン千円分
ガソリン残量がかなり厳しい。
これから買い物に寄らなければならないと財布を確認すると、スタンドには寄れなさそうな金密度だ。
スタンドで「500円分お願い」と言ってみるのはどうかと考えた。千円分、というのは沖縄ではよくある注文の仕方だ。500円でも、まああんまり言わないだろうが、アリだろう。私も過去に一度だけ経験がある。

そう思いながら車を走らせているうちに、アパートに着いてしまった。給油ランプは時折点灯するが、ずっと点いたままではないので、なんとかなるや、明日にしちゃえ。

ガソリンといえば、本土では「満タン」が当たり前で、「スタンドの従業員に何かを伝えるのだとしたら、レギュラーかハイオクかを言うぐらいだ」と親戚に聞いて驚いたことがある。「満タンお願い」という言葉は、ガソリンスタンド同士の値下げ合戦中、ぎりぎりまで安くなった時ぐらいしか口にしない(あ、当たり前だったら口にすることもないのか)。大概、千円か二千円でしか注文しない。

沖縄はガソリンスタンドが多い。もう、国道沿いに、まだあるか、と思うぐらいに立っている。満タンにしておかなくても、別に不安はない。出先でガソリンがなくなれば、その近くで適当に入れればいい。

その考えに、上記の親戚に待ったを入れられたことがある。「ちょびっとずつの補給」でも何とかなるのはわかるが、出先でスタンドを見つけるのには多少なりとも余分に車を走らせるはずだ、それは無駄じゃないのか、と。どうせ払うのなら、最初から満タンにしておいたほうが効率的だ、とのこと。

もっともだと思う。出先に必ずしもタイミング良くスタンドがあるとは限らない。見つけても自分が会員になっていないスタンドだと、安く入れることはできない。対向車線に見つけたらUターンすることになるし、何よりその都度、ほんの数分でも時間を割かれることになる。もっともだとは思ったが、困ったことにちょっと反論したくなった。

まず、甚だせこい話だが、車は軽いほうが燃費がいい。F1レースを見ても、残り回周が少ないときは燃料はちょびっとしか補給しない。ピットストップを短くしたい意図もあるが、軽い方が断然早く走れる、という狙いが大きい。

リッターあたりの値段が、よく変わるのも理由の一つだ。今日リッター当たり103円のガソリンが、明日には値下げして99円になっているかもしれない。週末にスタンド同士の値下げ合戦が始まったら、50円にまで値下がりすることもあるのだ。103円で満タンにしてしまったら、来週激しく後悔することになる。

また、スタンドに行けば大体、窓を拭いてくれる。無精者の私としては、出来るだけ自分で拭きたくない。こまめに行けばそれだけ窓を綺麗に保てるのだ。

書いていて段々悲しくなってきた。結局、いつ安くなるともわからないのだから満タンのほうがいいのかもしれない、と思いつつ、明日きっとレギュラー千円分、と当たり前のように注文するのだ。
続きを読む >>
| LEFT/沖縄視点 | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |